近代化とともに発展し、ラオス南国では第二世界遺産と遺跡、アジア最大滝である、メコン川からできた滝です、観光地に発展して、宿泊、ゴルフ場、リソートホテル、交通機関を進んで、年々観光客が増えて県の計画で、外海、国内の投資会社が注目していますコンパペン。 このWebサイトでは、ぜひ見ておきたい観光名所南国の文化を紹介します。


観光名所(ラオス共和国)

コンパペン滝自然でできた物をアジアの中で最大メコン滝です、ラオス共和国の南では沢山島がメコン川にあります、未来を予感させる新しい観光地が開発を進んで自然と時代の中に体験ができる場所です。、観光名所も多く、休みの日には大勢の観光客でにぎわいます。

世界遺産と遺跡(ラオス共和国)

遺跡第二世界遺産と遺跡「ワット・プー」。カンボジアのアンコル・トム時代と同じで作れましたと考えられていました、、ラオス共和国で最大の文化財になって、UNESCOによって世界遺産に登録されました、3月になったら大イベントを    を行っています、外海旅行者又は国内で集まって各イベントも開催です、良い体験になるではないか?。

ルアンプラバン(ラオス共和国)

遺跡第一世界遺産と古い町「ルアンプラバン」、1975年までに宮殿の皇帝です、政治の経済発展の中に観光事業を開発して、国立博物館になってラオス共和国を旅行客様を大切な目的地です、古い町で人々の生活を観察して、一つの魅力的です、特にラオス正月は大イベントを行っています、お寺が沢山あり町です、欧米に対しては人気です。

最終更新日:2013年11月05日

INFOMATION

Website counter