事業情報

このWebサイトの管理と情報の発信者です、我が国の観光に対して情報及び観光サービスを提供します、当社は本国の旅行保険に加入している観光客が対象です    利用費は滞在費、旅行条件によっての計算方法です、安心してお客様の旅のSupportを提案します、詳しい事は近い内にホームページの日本語の表現を御ご覧下さいませ、分からない事がありましたら、お気軽を問い合わせ下さい、ラオスでの観光情報をお任せ下さい。

ラオスの歴史

ラーオ族の移動ラオス地域には古来から数々の種族が住んでいたが、現在のラオスの主要民族であるタイ族系ラーオ族の発祥はアルタイ山脈のふもととされている。紀元前5000年頃から南下し始め、中国四川地域から雲南地域へと移り住んでいった。やがて唐王朝の圧力に押されてメコン川上流地域のスワー(現在のルアンパバーン)へ移動し、紀元8~10世紀頃には巨大ムアン(都市)を発展させたスワー候国が興っていた。

ラーンサーン王国

 

スワー候国21代目王の息子ファー・グムは、時の大勢力クメール帝国で教育を受けた後、スワーを中心にラーオ族ムアンを統合し、1353年、現在のラオスの基となるラーンサーン王国を建国した。ラーンサーンとは「百万頭の象」のこと。同時にクメール帝国から流入した小乗仏教の信仰が広がりはじめ、ラーンサーン王国は1500年頃までに仏教文化を中心に栄えた。一方クメール帝国はアユタヤ王国に奪取され、アユタヤ王国とビルマ族タウング王朝との間で覇の競い合いが激しくなっていった。タウング王朝が隣国ラーンナー・タイ王国(チェンマイ王国)への侵入を始めたことに危機感を覚えた、時のラーンサーン国王セタティラートは、王都をアユタヤ王国に隣接するビエンチャンに移し、旧都スワーをルアンパバーンと改称した。  ラーンサーン王国が繁栄の絶頂を迎えたのは、1337~1894年在位のスリニャ・ウォンサー王の時代だった。同王は行政改革や国境確定などの政策を成功させ、王国に安定をもたらした。その結果、商業・工業・文化がめざましく発展した。しかし、同王の死去と同時に王位継承などをめぐって内紛が始まり、1707~13年にかけて王国はルアンパバーン王国、ビエンチャン王国、チャムパーサック王国の3つに分裂し、360年続いた統一王国は崩壊した。

ラーンサーン三王国時代

 

分裂した3王国はアユタヤ王国とビルマ族王朝の勢力争いに翻弄される。ビルマはルアンパバーン王国とビエンチャン王国の対立を利用して両王国を交互に支配下に収め、ついに1778年にアユタヤ王国を崩壊させた。しかしすぐにアユタヤ王国武将のタークシンがビルマ軍を撃退、バンコクを王都とするトンブリー王朝を興すや、1779年にはルアンパバーン、ビエンチャン、チャンパーサックの3国を一挙にその支配下に収めた。トンブリー王朝はラーンナー・タイ王国も占領し、シャム王朝としてあっという間に一大勢力を築き上げた。ラーンサーン3国をラーオ族王の自治に任せたシャム王朝の支配下にあって、3国は安定した繁栄をした。ビエンチャンでは1804年に王位についたアヌウォン王の時代になると、新王宮建設(1807年)、タート・パノム橋建設(1808年)、ブンファン寺院建設(1808年)などの大規模土木工事が盛んに行われた。勢いに乗ったアヌウォン王はバンコクに奇襲攻撃をかけ、ビエンチャン王国の独立を図ったが、逆にシャム軍に追われ、ビエンチャンの街は破壊され、王族は捕らえられてその血筋を失った。  1872年、ホー族が突如反乱を始め、ルアンパバーン、シェンクアン、ビエンチャンを次々と嵐のように襲撃していった。ホー族の反乱を抑えきれなかったシャム王朝の信頼は著しく失墜した。そんな中、イギリスと競って領土的関心をインドシナ地域に寄せていたフランスが、シャムへの圧力を強めていった。領土の一部割譲や近代化を盾として侵攻に対抗するシャムを抗しきれなくなったと判断したフランスは、領土的関心をラーンサーン3王国へと転向した。フランス軍の威嚇に負けたシャムは1893年10月3日講話条約を結び、シャム領土の一部としてのラーンサーン3国をフランス領に編入することを許した。フランスはヴェトナム、カンボジアにラオスを加え、メコン川以東の全域をフランス領インドシナ連邦として支配することになった。

フランス領ラオス  

フランス領に編入されることで再び統一されたラーンサーン3国は、フランスによってラーオ族のラーオ(Lao)を複数形にしたラオス(Laos)と称されるようになった。フランスの統治により、伝統的な産業であった木工、竹製品、紡績、陶器、稲作などが棄てられ、代わって輸出指向の強いチーク材などの林業、ゴムやコーヒーのプランテーション、錫鉱山開発などが進められ、ラオスの自給経済の秩序は破綻した。また、ラーオ語の出版が制限され、行政保護官としてヴェトナム人がおかれるなど、ラオス人のアイデンティティは軽視され続けた。1940年頃から侵攻を開始した日本軍が1945年3月9日に「仏印処理」という実力行使を行い、フランス領インドシナ連邦は解体され、4月8日にはシーサワンウォン国王がラオスの独立を宣言。日本軍は8月15日に連合軍に降伏する。ラオスでは9月14日に「ラーオ・イサラ」(自由ラオス)という政治結社が結成され、ペッサラート副王を首相に臨時政府が樹立された。しかし、1946年3月にフランスがインドシナに復帰すると、「ラーオ・イサラ」はバンコクへ亡命した。

ラオス王国の独立と民族解放闘争

 

1847年7月19日、「ラ仏条約」でラオス独立が認められたが、フランス連合の枠内ということに反感を抱くバンコクのラーオ・イサラ亡命政権は、その一部がヴェトミンと連携し、1950年8月、スパーヌボン殿下を中心にハノイで民族解放戦線「パテート・ラーオ」を結成した。1951年、パテート・ラーオはヴェトナム、カンボジアと合同民族統一戦線を結成。インドシナ3国との抗争を嫌ったフランスは3国を手放す決意をし、1953年10月22日にラオス王国は正式な独立を果たした。しかし、独立後のラオスには、人材不足や各地の言葉の不統一、経済停滞などの課題が山積していた。  パテート・ラーオはラーオ・イサラから分裂していた諸派を統一し、政治団体「ネオ・ラーオ・ハクサート」(ラオス愛国戦線)NLHSを結成した。NLHSは王国政府と連合政権を樹立。1956年8月10日にプーマ政権が発足したが、1958年7月、親米派グループのプイ・サナニコーン殿下がクーデターをおこして、NLHS派が大量に政権および軍部から離脱。王国政府軍とNLHS軍の抗争が激しくなり、NLHS幹部は投獄された。プイ内閣は、国益擁護委員会(CDNI)の1959年10月30日 のクーデターで失墜、親米派ソムサニット内閣が発足してアメリカの援助が拡大した。しかし、アメリカの援助はインフレ、汚職、軍事の拡大を招き、1960年8月8日、反米派の第二大隊長コン・レーによるクーデターでNLHSは政権に復帰する。アメリカからの援助は停止し、タイも国境を封鎖するなどで経済が一気に破綻したため、NLHSはソ連と外交を樹立した。  12月8日に再び右派勢力がビエンチャンを奪回すると、ネオラオスイーサラは内戦を繰り返して巻き返しを図り、1960年末期にはシェンクアーン、ルアンパバーン、ポンサリーを制圧するに至った。ラオス内戦を収束させるため、1961年5月16日からジュネーブで国際会議が始まった。その結果、プーマ殿下を首班とする三派連合政府、「トロイカ方式」が1962年6月12日に合意された。一時は内戦の収束を見たが、1963年2月、中立派が暗殺事件などで分裂し、NLHSも閣僚が引き上げてしまい、トロイカ方式は崩壊して内戦が再び勃発した。1965年にはヴェトナムの内戦に干渉するアメリカの北爆が始まり、米軍によるラオス領内の「ホー・チ・ミン・ルート」への空爆が行わた。北ヴェトナム軍はNLHS軍への支援を始め、1967年12月、NLHS軍はジャール平原全域を制圧した。

 NLHSは軍事的に優位になると、和平に向けて政治活動を始め、プーマ政権と話し合いを始めた。1973年2月21日にはついに和平協定「ラオスにおける平和回復および民族和解に関する協定」が結ばれ、1974年4月にはプーマ首相、スパーヌボン議長で連合政府が発足した。

ラオス民族革命から現在まで

 

連合政権がラオス統一体制を整えようとする中、巷では王国政府官憲の腐敗に対して不信感がつのっていた。各地で住民や学生がデモを起こし、王国政府系の閣僚や高官が次々と辞職に追い込まれた。更に、アメリカ国際開発局(USIDA)が反米運動により占拠され、撤収を余儀なくされた。王国政府派と親米派の力が弱まると、政府内ではNLHSの勢力が強まり、それまでNLHSの背後にあったラオス人民革命党が社会主義体制へ移行の準備を始めた。NLHS軍は「人民解放軍」と呼称を変え、ラオス全土に進駐した。ラオス人民革命党は国軍を再編成し、各地の権力を握っていった。1975年12月1~2日、ビエンチャンにおいて全国人民代表大会を開催。600年続いた王制廃止と共和制への移行の決議に至り、国名が現在の「ラオス人民民主共和国」となる。カイソーン党書記長が閣僚評議会議長に就任した。

 社会主義体制へ移行されると、旧体制派の人々が大量に国外へ脱出し、タイがラオスとの国境を閉ざし、西側諸国が援助を停止した。ラオスの経済は急激に悪化したが、党と政府は国民に対して革命と建国の理念を徹底的に教育し、体制固めを強力に推進した。外交では主にヴェトナムとソ連との関係を強め、タイ、中国、西側諸国とは溝を深めていった。  しかし、食糧危機が深刻になると、一部に自由主義経済の原理を取り入れざるをえなくなり、1978年より「新経済政策」を導入した。1986年のラオス人民革命党大会では、自由主義経済原理を大幅に取り入れ、西側諸国やタイ、中国との関係改善を目指した「チンタナカーン・マイ」(新思想)と「ラボップ・マイ」(新制度)の導入を決定した。これを機に、ラオスは経済建て直しと国交正常化を図る穏健な社会主義へと変貌していった。

現代歴史

文化財の基を付きて古い時代と現代歴史を造るのはラオス人の自信であることを判明、各元王族の像を建て、大切な像達に祈り祭りを開催し、現在人々たちが歴史から学ぶことがある感じで、1975年から王様が居なくなってラオス人民党の代表として国造りを少し進んでいく考えては良いだろう、人民党経済計画大会では5年間、一回大開します、今年は弟9回になって(2011 ~2015)、経済発展する目標で国民の生活を豊か、平和、憲法国家へ向けて実行計画も進んでいる、2020年までに途上国から抜く、所得が達成、各産業を発展、国民の生活基本法を実施、社会保障、教育革命、保健機構発展、国際関係を広ける方針です、政治は人民党首党(大統領も言える)、相理大臣各大臣、庁長、県知事、市長、村長、各団体など、宗教によっても組み職がありなから、国民と共に生活している、1998年から日本国と欧米総国からインドシーナ半島の国際会議経済援助を受けて、経済成長しなから各面で発展が進んでいる、特に最近観光業外は魅力的です、経済計画の達成及び実行するには課題です。

◆備考:現代歴史はこのホームページ作成者で記入です


ラオスの働き美女達

ラオスの女性達は昔から家一軒に必ず伝統的な織物機があると伝えています、田舎の人は糸から作ることができます、需要は色を作る技術者もいます、お客さんの注文によって作る人もいます、形、色、柄、デザインも色々が作れます、今、女性団体では良く頑張ります、伝統的に女性は着きます、男人はお寺へ行く時、と結婚式に着きます、ラオス語でシーンという,女性のもあるし、男性ものがあります。

    

===画像をクリックしてラオス国際航空のウェブサイト===

12 Travel

最終更新日:2013年11月05日